2018年4月 見ないで信じる

イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」(ヨハネによる福音書20章29節)

牧師 黒田浩史

イエス様が十字架に掛けられて殺された翌々日、ユダヤの安息日の次の日の朝のことでした。女性の弟子たちが墓へ行ってみると、墓の入り口の石はわきへ転がしてありました。白い長い衣を来た若者が右手に座っていて、「あの方は復活なさって、ここにはおられない」と言いました(マルコ16:1-7参照)。
イエス様が予告されていたとおり、三日目に復活されたのです。

イエス様が復活された日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵を掛けていました。そこへ、イエス様が来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われました。
弟子たちが集まっている姿は、信じる人たちが主の日の礼拝に集う姿を表しています。復活のイエス様は、礼拝共同体の真ん中に来てくださり、平和を与えてくださるのです。

弟子の一人であるトマスは、イエス様が来られたとき、彼らと一緒にいませんでした。そのため、トマスはイエス様の復活を信じることができませんでした。しかし八日の後、弟子たちが再び集まっていたところへ、復活のイエス様は再び来てくださいました。
トマスはイエス様の復活を信じました。イエス様の体を目で見たから信じたように思われるかもしれませんが、イエス様は「見ないのに信じる人は、幸いである」と仰せになりました。トマスは今度は、他の弟子たちと一緒にいたから信じることができたのです。

私たちの場合も、信じる人たちが集っている礼拝共同体の中において、復活のイエス様と出会い、イエス様の復活を信じるようにされます。
復活されたイエス様のお体は天に上げられましたが(使徒言行録1:6-11参照)、地上にいる私たちは聖霊の働きによって、復活のイエス様とお会いし、信じることができるのです。
聖霊が私たち一人一人の上に豊かに降ることを切に願い求め、復活を信じる信仰が強められるよう祈りましょう。