第67回日本キリスト教会 近畿中会報告

第67回近畿中会が3月21日(水)~22日(木)に大阪西教会で開催されました。正議員54名、員外議員15名の出席により進められました。住吉教会から黒田浩史牧師とH長老(21日)、I長老(22日)が正議員として出席しました。礼拝献金額 913,343円(内教会 860,000円)、聖餐式陪餐者は104名でした。
1 主な可決事項は次の通りです。
(1) 議長に有賀文彦垣教会牧師が選出され、書記に西村ひかり池田教会牧師が再選されました。
(2) 常置委員に、井上一雄名東教会牧師、藤田英夫大阪姫松教会牧師、藤田浩喜西宮中央教会牧師、浅田忠敬豊中中央教会長老、吉田純香里園教会長老、小林正高槻教会長老が選出されました。
2 諸報告の報告を受け、それらが承認されました。
3 承認事項は次のとおりです。
(1) 教師福井重蔵の明石大久保教会牧師解職願
(2) 教師池永順一の神戸桜ケ丘伝道所牧師解職願
(3) 教師安田修の泉北伝道所牧師解職願
(4) 教師池永順一の明石大久保教会牧師就職願
福井重蔵先生と安田修先生は引退で、池永順一先生の明石大久保教会牧師就職に伴い、神戸桜ケ丘伝道所と泉北伝道所が無牧となりました。
4 建議案:今年はありませんでした。
5 選考委員会より、ジュニア青年部指導委員として黒田浩史牧師が、小会記録審査委員として原田亮長老が選出されました。
中会教情報告によりますと、現住陪餐者数は前年比で36名減、主日礼拝平均出席者数も前年比で58名減と厳しい数字が並びます。こうした状況を踏まえて、わたしたちの祈りの課題に加えていきたいものです。