2018年6月 人のための律法

安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか。命を救うことか、殺すことか。(マルコによる福音書3章4節)
牧師 黒田浩史

安息日についての御言葉です。旧約の律法には、「六日の間働いて、何であれあなたの仕事をし、七日目は、あなたの神、主の安息日であるから、いかなる仕事もしてはならない」と書いてあります(申命記5:13-14)。
しかしイエス様の弟子たちは、安息日に麦の穂を摘みました(マルコ2:23-28)。イエス様ご自身も、安息日に片手の萎えた人の病気をいやされました(同3:1-6)。前者は収穫の仕事、後者は医療の仕事であると見做されていたので、安息日の掟を破ったとして、イエス様を非難する人々がいました。

そこでイエス様は、「安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか。命を救うことか、殺すことか」と仰せになりました(同3:4)。当時の人々は、律法を形式的には守っていましたが、その本当の意味を見失っていたのです。

安息日の意味は、次のように書いてあります。「あなたはかつてエジプトの国で奴隷であったが、あなたの神、主が力ある御手と御腕を伸ばしてあなたを導き出されたことを思い起こさねばならない。そのために、あなたの神、主は安息日を守るよう命じられたのである」(申命記5:15)。神様の救いの御業を思い起こして感謝することこそ、安息日の本当の意味です。そのために仕事を手を休めるのです。

ユダヤ教の安息日は土曜日ですが、イエス様の十字架と復活の後、信じた人たちはイエス様の復活された「週の始めの日」すなわち日曜日を「主の日」と呼んで、イエス様の復活を思い起こして感謝をささげる日としました。曜日やその意味合いは変わりましたが、私たちは主の日に礼拝に集い、神様の御業を思い起こして感謝をささげます。

仕事の手を休めるのは、たとえ人間が一所懸命に働いたとしても、労働の実りを与えてくださるのは神様であることを思い起こすためでもあります。
人間の努力や働きの背後で働いてくださる神様に信頼して、日曜日には礼拝に集い御言葉を聴いて、神様の御業に感謝をささげましょう。