2018年7月 信仰による救い

「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。」 (マルコによる福音書5章34節より)
牧師 黒田浩史

イエス様によって病気をいやしてもらった女性と、死んだ娘を生き返らせてもらった男性が登場します。

病気をいやしてもらった女性は、12年間も出血が止まらず、多くの医者にかかって、ひどく苦しめられ、全財産を使い果たしても何の役にも立たず、ますます悪くなるだけでした。しかし、イエス様が近くにやって来られたので、そのことを聞いて、群衆の中に紛れ込み、後ろからイエス様の服に触れました。「この方の服にでも触れればいやしていただける」と思ったからです。
すると、すぐ出血が全く止まって病気がいやされたことを体に感じました。
イエス様は、自分の内から力が出て行ったことに気づき、群衆の中で振り返り、「わたしの服に触れたのは誰か」と言われました。女性は自分の身に起こったことを知って恐ろしくなり、震えながら進み出てひれ伏し、すべてをありのまま話しました。
当時は、出血している女性は汚れていると見做され、一般の人に近づくことも禁じられていました。そして、他人の服に触れてその力をもらうことは、その人から力を盗み取るような行為と思われていました。
ところがイエス様は、「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい」と仰せになりました。「この方の服にでも触れればいやしていただける」と信じてイエス様にお願いしたことを、高く評価されたのです。

死んだ娘を生き返らせてもらった男性は、会堂長であり、社会的地位の高い人でした。にもかかわらず、人目を気にせずにイエス様の足もとにひれ伏し、「わたしの幼い娘が死にそうです。どうか、おいでになって手を置いてやってください」とお願いしました。この方ならいやしてくださると信じてお願いしたのです。
彼の娘は、イエス様が家に到着する前に亡くなりました。しかしイエス様は、子供の手を取って「少女よ、わたしはあなたに言う。起きなさい」という意味のことを仰せになりました。すると、少女はすぐに起き上がり、歩き出しました。イエス様は、死んだ人をも生き返らせる力を持っておられるのです。

この方を信じる人は、死んでも生きるのです。生きていてこの方を信じる人はだれも、決して死ぬことはないのです。このことを信じましょう(ヨハネ11:25-26参照)。