日曜学校夏期学校

2018年8月18日(土) 夏期学校

8月18日(土)、午前9時15分より、教会に於いて夏期学校を持ちました。猛暑が続くなかでしたが、朝から涼しい風が吹いてほっとする一日でした。
礼拝から始まり、校長先生より創世記1章24―31節を通して、「すべてのものを造られた神様」という題でお話を聞きました。今回は「手作りおもちゃを作ろう」という主旨のもと、小さい子供が多いので保護者にも手伝っていただき、紙コップを使ったジャンピングおもちゃ、色紙と画用紙で作る金魚鉢、折り紙やストロー等を利用した風車、また、太い竹と細い竹を組み合わせた竹水鉄砲などを作り、それぞれ保護者のご協力もあって、すてきな作品が出来上がりました。
間で“おやつタイム”をとり、スイカやゼリー、お菓子などでひとやすみした後、お庭に用意した小さなプールに水を入れて、自分達で作った竹水鉄砲で遊びました。旨く水が飛んだり、飛ばなかったりで一喜一憂しながら、花に水をかけたり、水浴びしたようにぬれたり、とても楽しそうでした。他にも校長先生手作りの竹ぼっくりや割り箸てっぽうなどもあって楽しい時を過ごすことが出来ました。最後に記念撮影をし、黒田牧師のお祈りで会を閉じました。
猛暑の夏なので午前中までとしましたが、新しい親子づれも来られて、レギュラーを含め、子供16名、大人16名(計32名)の参加者があり、恵まれた集会となりました。
お手伝いくださった教会員の方々、また、下準備にもご協力くださった保護者の方々にも感謝です。
教会のお庭に子供達の明るい声が響いたことに感謝し、今後の日曜学校の歩みに神さまの導きを祈りたい、と反省会で話し合いました。