2018年10月 離縁について

「天地創造の初めから、神は人を男と女とにお造りになった。」
(マルコによる福音書10章6節)
牧師 黒田浩史

ファリサイ派の人々がイエス様に「夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか」と尋ねました(2節)。彼らは、当時の宗教の指導者たちでした。イエス様を試そうとして、こう訪ねたのです。

イエス様は、「モーセはあなたたちに何と命じたか」と問い返されました(3節)。モーセは旧約時代に神様から律法を授かり、人々にそれを教えた人物です。

彼らは、「モーセは離縁状を書いて離縁することを許しました」と言いました(4節)。

イエス様は言われました。「あなたたちの心が頑固なので、このような掟をモーセは書いたのだ。しかし、天地創造の初めから、神は人を男と女とにお造りになった。それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。だから二人はもはや別々ではなく、一体である。従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。」(5-9節)

 

旧約の創世記には、天地創造の個所で「神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された」とあります(創世記1:27)。そして、神様は最初の人(男)を創造されると、彼に合う助ける者として女を造られました(創世記2:22)。

イエス様は「人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる」と言われましたが、創世記には「こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる」と書いてあります(創世記2:24)。

 

家に戻ってから、弟子たちがまたこのことについて尋ねました。イエス様は「妻を離縁して他の女を妻にする者は、妻に対して姦通の罪を犯すことになる。夫を離縁して他の男を夫にする者も、姦通の罪を犯すことになる」と言われました(10-12節)。

 

離縁については、パウロは次のようにも書いています。「信者でない相手が離れていくなら、去るにまかせなさい。こうした場合に信者は、夫であろうと妻であろうと、結婚に縛られてはいません。平和な生活を送るようにと、神はあなたがたを召されたのです」(一コリント7:15)。