2019年1月 最高の献げ物

「彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。」(マタイによる福音書2章11節)
牧師 黒田浩史

イエス様がお生まれになったとき、占星術の学者たちが東の方からやって来ました。この人たちは、ペルシアの宗教の祭司のような人たちだったと言われています。このことは、旧約時代から預言されていて、「らくだの大群、ミディアンとエファの若いらくだが、あなたのもとに押し寄せる。シェバの人々は皆、黄金と乳香を携えて来る。こうして、主の栄誉が宣べ伝えられる」と言われています(イザヤ60:6)。
旧約の預言の通りに、東の方からやって来た学者たちは、イエス様に高価な贈り物を献げました。

学者たちは、星に導かれて東方からユダヤへやって来ましたが、ついに幼子イエス様のおられたベツレヘムという町まで来ました(2、9節)。
彼らはイエス様のおられた家に入り、ひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げました(11節)。いずれも少量で高価な品物であり、遠くから持ち運んで来るのに適したものでした。

彼らは外国人でしたので、旧約で規定されているように犠牲の動物を献げてイエス様を拝んだわけではありませんでした。しかし幼子イエス様は、真心のこもった彼らの贈り物を喜んで受け取られたことでしょう。
彼らが献げた贈り物は、イエス様とご両親にとって大変役に立つものでした。この後、ヘロデ王はベツレヘムとその周辺にいた2歳以下の男の子を一人残らず殺させましたが、イエス様とご両親は虐殺を逃れるためにエジプトへ行かれました(13-18節参照)。学者たちが献げた高価な贈り物は、その際の旅費や滞在費に充てられたと言われています。

学者たちは彼らなりの仕方で真心を込めてイエス様を拝み、イエス様の役に立つ贈り物を献げました。
同じように私たちもこの年、真心を込めてイエス様を拝み、人の役に立つような愛の業を行いたいものです。