2019年2月 恵み深い教え

「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき実現した。」(ルカによる福音書4章21節)
牧師 黒田浩史

イエス様の宣教活動の最初の場面です。イエス様はお育ちになったナザレに来て、いつものとおり安息日に会堂に入り、聖書を朗読されました。旧約のイザヤ書の巻物が渡され、イザヤ書61章の御言葉を朗読されました。そこには、「貧しい人に福音を告げ知らせるために、主がわたしに油を注がれた」と書いてありました(16-19節)。
朗読が終わると、イエス様は「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と話されました(21節)。当時は、裕福な人が神様の祝福を豊かに受けていると考えられていたため、人々はイエス様のこの教えに驚きました。

しかし、人々は「この人はヨセフの子ではないか」と言って、イエス様を受け入れようとしませんでした(22節)。同じ町の出身で、子供の頃からよく知っている人なので、そういう人が立派な教えを語ることを受け入れることができなかったのです。
すると、イエス様は彼らに対して「あなたがたは『カファルナウムでいろいろなことをしたと聞いたが、郷里のここでもしてくれ』と言うに違いない」と仰せになりました(23節)。カファルナウムは近くの町ですが、他の町でイエス様が奇跡の御業を行われたのに、自分たちの町ではしてくれないことを、おもしろく思わなかったのです。イエス様の恵みを自分たちだけで独占したいと願ったのでしょう。
そして、旧約時代の預言者たちも、郷里ではなく他の町へ遣わされて奇跡を行ったと仰せになり、有名なエリヤとエリシャの二人の預言者の例を挙げられました(25-27節)。

これを聞いた人々は皆憤慨し、イエス様を殺そうとしましたが、イエス様は彼らの間を通り抜けて立ち去られました(28-30節)。
ナザレの人々は、イエス様の恵みを独占しようとして、結局は恵みを受け取ることができませんでした。私たちは素直な心でイエス様を受け入れ、その恵みを受け取りたいものです。