2019年度定期総会

2019年度定期総会は、1月27日(日)11時40分から礼拝堂にて現住陪餐会員である正議員39名中23名が出席して、開会されました。
主な議事は、前年度報告として小会、各委員会、宗教法人、諸団体、大・中会、一般会計決算、特別会計、会計監査の各報告を受け、議場の承認を受けました。主日礼拝平均出席者数は35名(前年比-4)でしたが、一般会計予算収入達成率は108.12%で、維持献金のご協力が大きな力となりました。また、新たに設けたペンテコステ献金へも積極的に献金いただき、去年度とは逆に特別基金への繰入をすることができました。
長老・執事選挙については、長老2名、執事3名が選出されました。長老は1名欠員となりましたが、次年度には新しい長老が選出されるよう祈りたいです。その他、今年度方針として、本年度教会標語、年間礼拝・集会予定、一般会計予算の各議題を議場は原案どおり受け入れました。
今年の目標は、「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」で、読んですぐに理解できて心に響く聖句から選ばれました。毎日の生活の中でも絶えず聖書の御言葉を思い起こし、わたしたちを救いへと招いてくださっているイエス様のもとへ行き、真の安らぎのうちに歩む一年といたしましょう。
様々な協議を経た後、黒田牧師が教会を代表して2年間長老として奉仕されたI長老への謝辞を述べ、閉会祈祷をもって14時03分に会を閉じました。