イースター祝会

4月21日(日)暖かい春の陽がふりそそぎ、あざやかな花の咲く庭で、イースターハンティングを楽しんでいる子どもたちの明るい声が響きわたったイースターの朝、「復活して生きる」と題して、黒田先生よりみことばをお聴きし、讃美と感謝をもって礼拝を守りました。礼拝後、庭で記念写真を撮影、集会室にてイースター祝会と転入者の歓迎会を持ちました。

N長老の司会により黙祷、ハンドベルの喜ばしい鐘の音と主イエス復活の喜びを讃美する讃美歌21-331番を共に歌い、オープニングが告げられました。

聖書ローマの信徒への手紙6章3~11節が朗読され、司会者による祈りが献げられました。

久し振りに来られた方々と会食を共にし、交わりに花が咲き盛りあがりました。その後、E姉によって「花」と「アメージング・グレース」が披露され、澄みきった美しい歌声が会場一杯に広がり、喜びに満たされました。

今年の1月に新たに転入されたI兄への歓迎のことばとして、H長老よりご一緒に礼拝を守ることができて感謝です。大歓迎いたしますと私たちの気持ちを代表して話して下さいました。

その他、久しぶりに出席された兄弟姉妹たちから近況をお聞きすることができました。

N長老からはどのようにしてイースターの日が決まるのかを教えていただきました。

春分の日から数えて次の満月の次の日曜日がイースターだそうです。イースターの夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。

讃美歌「うるわしの白百合を」讃美し、小室洋子長老の感謝の祈祷をもって閉会をいたしました。

最初から最後まで聖霊に満たされ、恵みの中にあって和やかな会を持つことができましたことを感謝いたします。