日曜学校日礼拝

毎年日本キリスト教会では、5月第一主日礼拝を「日曜学校日礼拝」として守っています。信者の多くの方々が日曜学校の経験があり、子どものころに教会で過ごして思い出が信仰告白へと導かれるきっかけとなることが多いのです。そこで、この日に日曜学校の活動に思いを寄せ、大会教育委員会に献金をささげるとともに、信仰の継承が確実になされるよう祈り求めています。

住吉教会では、黒田牧師のご指導もあり、子どもと大人の合同礼拝を具体化する場としてここ数年力を入れているところです。礼拝の中で牧師先生による子どもたち一人一人への祝福を与え、教会員へは日曜学校に来ている子どもたちの紹介をし、子どもたちの保護者には教会に足をお運びいただき共に礼拝をささげる機会としています。

今年は、10連休のほぼ最後となる5月5日となりました。お説教は「イエス様大好き」との題で子どもたちにもわかりやすいお話をしていただき、讃美歌も子ども讃美歌を歌うなどいたしました。黒田先生による祝福の後、子どもたちと保護者の紹介をし、教会員にも覚えていただくようにしました。その後、出席した子どもたちに日曜学校からお菓子のプレゼントを渡しました。礼拝後には庭に出て、記念の写真を撮ってもらいました。 こうした機会が、少しでも伝道のお役に立つようにと、日曜学校教師一同願っています。