2019年8月 愚かな金持ち

有り余るほど物を持っていても、人の命は財産によってどうすることもできない。(ルカによる福音書12章15節)

牧師 黒 田 浩 史

ある時、群衆の一人がイエス様に言いました。「先生、わたしにも遺産を分けてくれるように兄弟に言ってください。」

イエス様はその人に言われました。「だれがわたしを、あなたがたの裁判官や調停人に任命したのか。」

そして、一同に言われました。「どんな貪欲にも注意を払い、用心しなさい。有り余るほど物を持っていても、人の命は財産によってどうすることもできないからである。」

それから、イエス様はたとえを話されました。「ある金持ちの畑が豊作だった。金持ちは、『どうしよう。作物をしまっておく場所がない』と思い巡らしたが、やがて言った。『こうしよう。倉を壊して、もっと大きいのを建て、そこに穀物や財産をみなしまい、こう自分に言ってやるのだ。「さあ、これから先何年も生きていけるだけの蓄えができたぞ。ひと休みして、食べたり飲んだりして楽しめ」と。』しかし神は、『愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。お前が用意した物は、いったいだれのものになるのか』と言われた。自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者はこのとおりだ。」(ルカ12:13-21)

それから、イエス様は弟子たちに言われました。「だれか、言っておく。命のことで何を食べようか、体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切だ。」(ルカ12:22-23)

そして、「自分の持ち物を売り払って施しなさい。擦り切れることのない財布を作り、尽きることのない富を天に積みなさい。そこは、盗人も近寄らず、虫も食い荒らさない」と言われました。(ルカ12:33)

私たちも、「上にあるものを求め」(頃さい3:1 参照)、天に富を積めるようになりたいものです。