2019年11月 罪の赦しと償い

わたしは財産の半分を貧しい人々に施します。(ルカによる福音書19章8節)

牧師 黒 田 浩 史

イエス様は、エルサレムに向かう旅の途中、エリコに入り、町を通っておられました。そこにザアカイという人がいました。この人は徴税人の頭で、金持ちでした。イエス様がどんな人か見ようとしましたが、背が低かったので、群衆に遮られて見ることができませんでした。

それで、イエス様を見るために、走って先回りし、いちじく桑の木に登りました。イエス様がそこを通り過ぎようとしておられたからです。

イエス様はその場所に来ると、上を見上げて言われました。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい。」ザアカイは急いで降りて来て、喜んでイエス様を迎えました。これを見た人たちは皆つぶやきました。「あの人は罪深い男のところに行って宿をとった。」

しかし、ザアカイは立ち上がって、主に言いました。「主よ、わたしは財産の半分を貧しい人々に施します。また、だれかから何かだまし取っていたら、それを四倍にして返します。」イエス様は言われました。「今日、救いがこの家を訪れた。この人もアブラハムの子なのだから。人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。」(ルカ19:1-10)

イエス様はザアカイの罪を赦し、そのままの姿で受け入れてくださいました。これがイエス様の愛です。イエス様の愛を受けた人は、罪を悔い改め、赦されたことに感謝します。そして、感謝の業として、罪を償うような気持で、今度は人を愛する者とされます。

私たちも罪を赦されたことに感謝し、人を愛する者とされたいものです。