日曜学校クリスマス会

好天に恵まれて、令和元年12月21日(土)13時より、子供25名、大人26名合計51名の参加を得て、日曜学校のクリスマス会を持ちました。

礼拝堂において、原田校長先生の「救い主はお生まれになった」というお話を聞いて礼拝を守りました。続いて、小室先生による「のぼさんのクリスマス」という絵本の読み聞かせがありました。子供たちは、小室先生の生きた語りかたに、絵本に見入り、お話しに吸い込まれるように聞いていました。次は歌と演奏。4歳のAちゃんとHちゃんが「お星がひかる」の讃美歌を歌い、6才のSちゃんがバッハ作曲の「メヌエット ト長調」のバイオリン独奏、どちらもとても上手で可愛かったです。

その後は集会室に会場を移し、恒例のビンゴゲーム大会が賑やかに持たれました。数字がそろうと“ビンゴ―”と声をあげ、準備された景品を選び、大喜びでした。ここでおやつタイム、手作りのケーキとみかんを美味しくいただいたころ“メリー・クリスマス”と言ってサンタさんがやってきました。サンタさんが「1,2,」と声を上げると子供たちが声をそろえて「サンタ!」と応えて大盛り上がり。サンタさんから一人一人にクリスマスカードとお菓子がプレゼントされました。サンタさんをじっと見つめる子、サンタさんと握手する子などとても嬉しそうでした。

時間はあっという間に過ぎ、最後は礼拝堂に移動して、大きなツリーの前で記念撮影をし、黒田先生にお祈りをしていただき、会を閉じました。

この日のために婦人会の方々がケーキを焼いてくださいました。日曜学校の卒業生のWさん、そのお母さん、おばあちゃんが朝からお手伝い下さいました。多くの皆様にお支えいただきましたことを心より感謝いたします。このクリスマス会が、小さな子供たちの心に残り、神様に導かれてまた礼拝に参加できるようにと祈っています。