クリスマス祝会

12月22日(日)クリスマス礼拝、聖餐式、集合写真撮影の後、2019年度のクリスマス祝会を開催しました。出席は男性12名(内子供3名)女性33名(内子供3名)計45名。司会は岩越長老、奏楽は鮫島執事。

讃美歌108番「いざうたえ」を皆で賛美し、新約聖書「ルカによる福音書」2:1~14を岩越長老が朗読、祈祷の後、開会となりました。

有志の方の手作りクリスマスケーキ・サンドウィッチ・お菓子等のランチを食しながら会は進みます。

日曜学校生徒の女の子2名は小室長老伴奏で歌を、男の子はトランプマジックでワンマンショー。

何時もお世話になっている牧師夫人と奏楽者の方々へ感謝のプレゼントが贈られました。

I兄が「記憶に残る海外のクリスマス」と題して、長い海外生活で通訳・記者として活躍された時代の、興味深いお話をしてくださいました。

原田長老のマンドリン演奏。T姉のピアノ演奏。長村執事・中村執事の二重唱。大鞆姉のゴスペル独唱。美しく聖らかな音楽が続きます。青年会恒例のハンドベル。T姉伴奏で婦人会の讃美歌コーラス。厳かにイエスさまの誕生を祝しました。

そして、I姉の閉会祈祷で幕となりました。皆さまは楽しい一時を過ごし家路に付かれました。