投稿者「admin」のアーカイブ

2019年8月 愚かな金持ち

有り余るほど物を持っていても、人の命は財産によってどうすることもできない。(ルカによる福音書12章15節)

牧師 黒 田 浩 史

ある時、群衆の一人がイエス様に言いました。「先生、わたしにも遺産を分けてくれるように兄弟に言ってください。」

イエス様はその人に言われました。「だれがわたしを、あなたがたの裁判官や調停人に任命したのか。」

そして、一同に言われました。「どんな貪欲にも注意を払い、用心しなさい。有り余るほど物を持っていても、人の命は財産によってどうすることもできないからである。」

それから、イエス様はたとえを話されました。「ある金持ちの畑が豊作だった。金持ちは、『どうしよう。作物をしまっておく場所がない』と思い巡らしたが、やがて言った。『こうしよう。倉を壊して、もっと大きいのを建て、そこに穀物や財産をみなしまい、こう自分に言ってやるのだ。「さあ、これから先何年も生きていけるだけの蓄えができたぞ。ひと休みして、食べたり飲んだりして楽しめ」と。』しかし神は、『愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。お前が用意した物は、いったいだれのものになるのか』と言われた。自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者はこのとおりだ。」(ルカ12:13-21)

それから、イエス様は弟子たちに言われました。「だれか、言っておく。命のことで何を食べようか、体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切だ。」(ルカ12:22-23)

そして、「自分の持ち物を売り払って施しなさい。擦り切れることのない財布を作り、尽きることのない富を天に積みなさい。そこは、盗人も近寄らず、虫も食い荒らさない」と言われました。(ルカ12:33)

私たちも、「上にあるものを求め」(頃さい3:1 参照)、天に富を積めるようになりたいものです。

2019年7月 弟子として生きる

行きなさい。わたしはあなたがたを遣わす。(ルカによる福音書10章3節)

牧師 黒 田 浩 史

イエス様は十二人の弟子を呼び集め、あらゆる悪霊に打ち勝ち、病気をいやす力と権能をお授けになりました。十二人は出かけて行き、村から村へと巡り歩きながら、至るところで福音を告げ知らせ、病気をいやしました。(ルカ9:1,6参照)

イエス様はほかに七十二人を任命し、御自分が行くつもりのすべての町や村に二人ずつ先に遣わされました。そして、彼らに言われました。「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に根が居なさい。行きなさい。わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに小羊を送り込むようなものだ。財布も袋も履物も持って行くな。途中でだれにも挨拶をするな。どこかの家に入ったら、まず、『この家に平和があるように』と言いなさい。

平和の子がそこにいるなら、あなたがたの願う平和はその人にとどまる。もし、いなければ、その平和はあなたがたに戻ってくる。その家に泊まって、そこで出される物を食べ、また飲みなさい。働く者が報酬を受けるのは当然だからである。家から家へと渡り歩くな。どこかの町に入り、迎え入れられたら、出される物を食べ、その町の病人をいやし、また、『神の国はあなたがたに近づいた』と言いなさい。」(ルカ10:1-9参照)

イエス様によって遣わされた七十二人は喜んで帰って来て、こう言いました。「主よ、お名前を使うと、悪霊さえもわたしたちに屈服します。」

イエス様は言われました。「わたしは、サタンが稲妻のように天から落ちるのを見ていた。蛇やさそりを踏みつけ、敵のあらゆる力に打ち勝つ権威を、わたしはあなたがたに授けた。だから、あなたがたに害を加えるものは何一つない。しかし、悪霊があなたがたに服従するからといって、喜んではならない。むしろ、あなたがたの名が天に書き記されていることを喜びなさい。」(ルカ10:17-20参照)

イエス様の弟子である私たちも、それぞれの場所に遣わされています。イエス様の教えに従い、神の国の働き手として働き、豊かな収穫を得ることができるようになりたいものです。

日曜学校日礼拝

毎年日本キリスト教会では、5月第一主日礼拝を「日曜学校日礼拝」として守っています。信者の多くの方々が日曜学校の経験があり、子どものころに教会で過ごして思い出が信仰告白へと導かれるきっかけとなることが多いのです。そこで、この日に日曜学校の活動に思いを寄せ、大会教育委員会に献金をささげるとともに、信仰の継承が確実になされるよう祈り求めています。

住吉教会では、黒田牧師のご指導もあり、子どもと大人の合同礼拝を具体化する場としてここ数年力を入れているところです。礼拝の中で牧師先生による子どもたち一人一人への祝福を与え、教会員へは日曜学校に来ている子どもたちの紹介をし、子どもたちの保護者には教会に足をお運びいただき共に礼拝をささげる機会としています。

今年は、10連休のほぼ最後となる5月5日となりました。お説教は「イエス様大好き」との題で子どもたちにもわかりやすいお話をしていただき、讃美歌も子ども讃美歌を歌うなどいたしました。黒田先生による祝福の後、子どもたちと保護者の紹介をし、教会員にも覚えていただくようにしました。その後、出席した子どもたちに日曜学校からお菓子のプレゼントを渡しました。礼拝後には庭に出て、記念の写真を撮ってもらいました。 こうした機会が、少しでも伝道のお役に立つようにと、日曜学校教師一同願っています。

2019年6月 全世界への派遣

イエスは彼らが見ているうちに天に上げられたが、雲に覆われて彼らの目から見えなくなった。(使徒言行録1章9節)  

牧師 黒 田 浩 史

イエス様は、復活された後、四十日にわたって弟子たちにお姿を現わされました。

ルカによる福音書には次のように書いてあります。

イエス様は言われた。「わたしについてモーセの律法と預言者の書と詩編に書いてある事柄は、必ずすべて実現する。これこそ、まだあなたがたと一緒にいたころ、言っておいたことである。」そしてイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いて、言われた。『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。また、罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる』と。エルサレムから始めて、あなたがたはこれらのことの証人となる。わたしは、父が約束されたものをあなたがたに送る。高い所からの力に覆われるまでは、都にとどまっていなさい。」

イエスは、そこから彼らをベタニアの辺りまで連れて行き、手を上げて祝福された。そして、祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた。彼らはイエスを伏し拝んだ後、大喜びでエルサレムに帰り、絶えず神殿の境内にいて、神をほめたたえていた。(ルカ24:44-53)

使徒言行録にもイエス様の昇天の様子が記されています。

イエスは苦難を受けた後、御自分が生きていることを、数多くの証拠をもって使徒たちに示し、四十日にわたって彼らに現れ、神の国について話された。そして、彼らと食事を共にしていたとき、こう命じられた。「エルサレムを離れず、前にわたしから聞いた、父の約束されたものを待ちなさい。ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなたがたは間もなく聖霊による洗礼を授けられるからである。」

さて、使徒たちは集まって、「主よ、イスラエルのために国を建て直してくださるのは、この時ですか」と尋ねた。イエスは言われた。「父が御自分の権威をもってお定めになった時や時期は、あなたがたの知るところではない。あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」こう話し終わると、イエスは彼らが見ているうちに天に上げられたが、雲に覆われて彼らの目から見えなくなった。(使徒言行録1:3-9)

この後、イエス様が約束されたとおりに地上に聖霊が降り、教会が誕生しました。(使徒言行録2:1-4参照)

墓前礼拝・埋葬式

4月28日(日)主礼拝の後、和やかな交わりの昼食の後、12時30分に教会を出発しました。新緑が彩る山なみ、さわやかな風をうけて、鵯越墓園において墓前礼拝と埋葬式が持たれました。讃美歌488番を讃美し、聖書ヨハネによる福音書11章38~44節が朗読され、黒田牧師により「死者の復活」と題して礼拝が守られました。私たちもイエスさまと同じ復活の姿にされ、希望のうちに生きた先人の信仰を偲び希望をもって生き、その備えをさせて下さいとの願いと感謝の祈りが献げられました。

その後、昨年亡くなられた姉妹の埋葬がご家族に見守られて堂塔に納められました。来年の再会を胸に、午後2時に出発し、無事2時45分教会に到着しました。 恵みとお守りを心から感謝いたします。

イースター祝会

4月21日(日)暖かい春の陽がふりそそぎ、あざやかな花の咲く庭で、イースターハンティングを楽しんでいる子どもたちの明るい声が響きわたったイースターの朝、「復活して生きる」と題して、黒田先生よりみことばをお聴きし、讃美と感謝をもって礼拝を守りました。礼拝後、庭で記念写真を撮影、集会室にてイースター祝会と転入者の歓迎会を持ちました。

N長老の司会により黙祷、ハンドベルの喜ばしい鐘の音と主イエス復活の喜びを讃美する讃美歌21-331番を共に歌い、オープニングが告げられました。

聖書ローマの信徒への手紙6章3~11節が朗読され、司会者による祈りが献げられました。

久し振りに来られた方々と会食を共にし、交わりに花が咲き盛りあがりました。その後、E姉によって「花」と「アメージング・グレース」が披露され、澄みきった美しい歌声が会場一杯に広がり、喜びに満たされました。

今年の1月に新たに転入されたI兄への歓迎のことばとして、H長老よりご一緒に礼拝を守ることができて感謝です。大歓迎いたしますと私たちの気持ちを代表して話して下さいました。

その他、久しぶりに出席された兄弟姉妹たちから近況をお聞きすることができました。

N長老からはどのようにしてイースターの日が決まるのかを教えていただきました。

春分の日から数えて次の満月の次の日曜日がイースターだそうです。イースターの夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。

讃美歌「うるわしの白百合を」讃美し、小室洋子長老の感謝の祈祷をもって閉会をいたしました。

最初から最後まで聖霊に満たされ、恵みの中にあって和やかな会を持つことができましたことを感謝いたします。

近畿中会第68回定期中会

第68回近畿中会が3月20日(水)~21日(木)西都教会に於いて開催されました。正議員54名、員外委員15名の出席により開会礼拝をもって始められました。住吉教会から黒田浩史牧師、長老2名が交代で出席しました。

1. 主な可決事項は次の通りです。

(1)議長に有賀文彦大垣教会牧師が再選され、書記に中家盾大阪西教会牧師が選出されました。

(2)常置委員に井上一雄(名東教会牧師)、藤田英夫(大阪姫松教会牧師)、藤田浩喜(西宮中央教会牧師)、吉田純(香里園教会長老)、浅田忠敬(豊中中央教会長老)、小林正(高槻教会長老)が選出されました。

2. 諸報告があり協議の結果それぞれが承認されました。

3. 承認事項は次の通りです。

①教師天満由加里の加西伝道所牧師解職願(東京中会へ転出)

②教師西村ひかりの池田教会牧師解職願(北海道中会へ転出)

③教師阿部裕之の新宮教会牧師解職願

④教師阿部裕之の池田教会牧師就職願

⑤熊野伝道所及び宇久井伝道所の解散願が承認されました。またこの二ヶ所の牧会者名嘉早苗牧師の解職願が承認されました。解散した伝道所の受け皿は無牧となった新宮教会に鈴木攻平牧師ご夫妻が牧師館に入り講壇を守られるとの報告がありました。

4. 建議案は昨年に続きありませんでした。

5. 選考委員会より、ジュニア青年部委員として昨年に続き黒田浩史牧師が選出されました。

第1日議事の後、全体協議会がもたれ、「大会の代議制について」の主題で協議があり、それに伴う中会のあり方が協議されました。大会・中会・小会・教会は課題が山積し変革のときであると痛感すると共に、わたしたちは所属する日本キリスト教会を覚えて祈りを合わせたいと思います。

2019年5月 イエス様が大好き

イエスは、「さあ、来て、朝の食事をしなさい。」と言われた。 (ヨハネ福音書21章12節)

牧師 黒田浩史

イエス様は復活された後、弟子たちの故郷であるガリラヤでも御自身を現わされました。

弟子の一人であるペトロは、イエス様が復活された後、ガリラヤへ帰り、他の弟子たちと一緒に漁に出ました。彼らは、弟子になる前は漁師の仕事をしていたのです。しかし、その夜は何もとれませんでした。

夜が明けたころ、イエス様が岸辺に立っておられました。しかし、弟子たちはそれがイエス様だとは分かりませんでした。

イエス様は弟子たちに「舟の右側に網を打ちなさい」と言われました。そこで、弟子たちが網を打ってみると、魚があまり多くて、もはや網を引き上げることができませんでした。

弟子たちが陸に戻ってくると、炭火がおこしてありました。その上に魚がのせてあり、パンもありました。イエス様が「今とった魚を何匹か持って来なさい」と言われました。ペトロが舟に乗り込んで網を陸に引き上げると、153匹もの大きな魚でいっぱいでした。

イエス様は「さあ、来て、朝の食事をしなさい」と言われました。弟子たちはだれも、「あなたはどなたですか」とは言いませんでした。その方がイエス様であることを知っていたからです。イエス様は来て、パンを取って弟子たちに与えられました。魚も同じようにされました。

弟子たちは、夜通し働いたのに何も取れなくて、疲れ切っていたことでしょう。そこへイエス様が、食事の準備をして、弟子たちのことを思いやってくださいました。

イエス様はこのときだけでなく、これまでもずっと、弟子たちを同じように思いやり、いろいろと面倒をみてくださったことでしょう。弟子たちは、このようなイエス様が大好きだったと思います。

イエス様は、その復活を信じる私たちに対しても、同じように思いやり、いろいろと面倒をみてくださる方です。私たちもイエス様をますます大好きになり、信じてその後に従って行きたいと思います。

2019年4月 罪と赦し

「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」  (ヨハネ福音書8章7節)

牧師 黒田浩史

一人の女性が姦通の現場で捕らえられ、律法学者たちやファリサイ派の人々がその女性をイエス様のもとに連れて来ました。彼らはイエス様に「先生、この女は姦通をしているときに捕まりました。こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。ところで、あなたはどうお考えになりますか」と言いました(8:4-5)。

イエス様は別の箇所で「あなたたちは肉に従って裁くが、わたしはだれをも裁かない」と仰せになっているように(8:15)、あくまでも人を赦す方です。もしイエス様がこの女性をも赦したならば、律法に背くことになるので、イエス様を訴える口実を得るために、彼らはこう言ったのでした。

そこで、イエス様は彼らに「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」と仰せになりました(8:7)。すると、これを聞いた者は、年長者から始まって、一人また一人と、立ち去ってしまい、イエス様ひとりと、その女性が残りました。

年長者から立ち去ったのは、年を取って賢くなったおかげで、自分も罪を犯したことがある人間なのに、この女性を裁いて石を投げることはできないことに気付いたからかもしれません。あるいは、年長者はこれまで長く生きて来たので、この女性より自分の方がより多くの罪を犯して来たことに気付いたからかもしれません。

イエス様は「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない」と仰せになりました(8:11)。「わたしは誰をも裁かない」と仰せになっているとおり、この女性の罪を赦してくださいました。

イエス様によって罪を赦されたこの女性は、イエス様を信じるようになり、人を赦すことのできる人になったことでしょう。

私たちもイエス様によって罪を赦されているのですから、誰をも裁かず、人を赦すことのできる者になりたいと思います。

2019年3月 偽善者

「偽善者よ、まず自分の目から丸太を取り除け。」(ルカによる福音書6章42節)     

牧師 黒田浩史

イエス様の教えは大変難しく、だれも守ることができないのではないかと思うことがあります。しかし、私たち人間が地上では完全には守れなくても、やがて天国に迎え入れられ、救いが完成するときに完全に守れるようにしていただけます。

ですから、「弟子は師にまさるものではない。しかし、だれでも、十分に修行を積めば、その師のようになれる」と仰せになりました(6:40)。「師」はイエス様のことですから、「弟子」である私たちキリスト者は、イエス様のようになれるよう、イエス様のお姿にならい、その姿に少しずつ近づいていくのです。

「あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。自分の目にある丸太を見ないで、兄弟に向かって、『さあ、あなたの目にあるおが屑を取らせてください』と、どうして言えるだろうか。偽善者よ、まず自分の目から丸太を取り除け。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目にあるおが屑を取り除くことができる」とも仰せになりました(6:41-42)。

他人の欠点はよく目につきますが、自分の欠点はなかなか気づかないものです。しかしイエス様は、「まず自分の欠点を取り除きなさい」と仰せになります。聖書の御言葉に照らし合わせて、その教えに背く行いがあれば、もうしないように気を付けるのです。

「悪い実を結ぶ良い木はなく、また、良い実を結ぶ悪い木はない。木は、それぞれ、その結ぶ実によって分かる」(6:43-44)という教えでは、「木」は人の心、「その結ぶ実」は人が発する言葉を意味しています。心が悪ければ、悪い言葉が出て来るのです。ですから、まずは心を清めなくてはなりません。人のことを妬んだり悪く思ったりする心を改めて、神様に感謝し、人にも感謝する心を養う必要があります。

私たちキリスト者の生きる目標はイエス様です。イエス様のお姿に少しでもならいたいものです。