行事報告」カテゴリーアーカイブ

近畿中会兵庫地区婦人集会報告

11月14日(火)午後1時から住吉教会にて、K長老の司会、Nの奏楽にて開催されました。聖書はマタイによる福音書6章25~34節をもとに、黒田浩史牧師による「自己を改善する祈りの方法」との題にて講演が行われました。お祈りには礼拝での祈り、祈祷会での祈り、集会のときなど、公けの祈りと一人で祈る祈りがあります。神様から与えられた恵みに感謝し、その恵みに恩返しをしようと思う気持ちで祈ることが大切です。

神様のお恵みに目を向けると、心が変わり考え方が変わってきます、そのような気持ちを持つと、自然に行動や生活、人との接し方も変わり、人間関係がよくなります、そして生活習慣も変わり、自分の問題も解決するのです。15世紀から16世紀に活躍したイグナチオ(スペイン人)が病床で聖書を読んで生き方が変わったように、私達の生き方の根底にあるのは、神様のために、神様に選ばれるために、不偏心を保って生きなければならないのです。

人間は地上の宝ばかり目につき、人を羨ましく思う気持ちがあります、そのいろいろな思い、心の捕われをどのように克服するか、何が助けか、妨げか、をよく吟味して、幸せは、いつも自分の心で決めるのです。「助けを生かし、妨げから離れる」を何度も繰り返すこと(心の練習)によってイエス様を信じ、信仰生活を続けことができるのです。

願いごとのお祈りも大切です、でも叶えられないこともありますがどんな結果になっても、神様のお恵みによって幸せになれるのです、と“本当に幸せになれる祈りの方法”をお話し下さいました。

その後、I姉の司会で交わりのときをもちました。各教会の紹介と、その教会の代表者が自分の婦人会で行っていることを、いろいろ話して下さいました。「近隣の人達と音楽会をしている」「コーラスで、老人ホームで歌っている」「バザーの奉仕」「例会で読書会をしている」「聖書と副読本を学んでいる」「お誕生日カードを作っている」「花壇のお世話をしている」等など10教会の方々が一堂に集まり、黒田先生から素晴らしいお話しを拝聴し、大勢の人と交わることができまして本当に楽しい一日でした。

日曜学校秋の遠足 須磨水族園

11月11日(土)日曜学校の秋の遠足で須磨水族園に行きました。天気予報では☂となっていましたが素晴らしいお天気が与えられました。学校の行事や塾、体調が悪くて参加できなかった子ども達も多く残念でしたが、3家族の親子が参加してくれました。マイクロバスに乗って10:30に教会を出発し、バスの中でH校長先生が楽しい遠足になりますようにとお祈りをしてくださいました。水族園に入ると大水槽で悠々と泳ぐエイやサメ。可愛いタツノオトシゴやチンアナゴと子ども達はどんどんと観て歩きました。広場でお弁当を食べ、おやつも頂いた後は、イルカショーをみんなで観ました。高くジャンプするイルカに大歓声と拍手でした。その後ラッコをみたり、私たちの目の前をペンギンがヨチヨチとお散歩する姿は、本当に可愛くほのぼのする時間でした。帰りのバスで楽しかった遠足を感謝して黒田先生がお祈りしてくださり3時に教会まで元気に帰ってきました。

日曜学校の生徒5人と6人の若いパパとママ、黒田牧師ご夫妻とH校長、N先生、Kの16人での遠足でした。ゆったりとした時間のなかで皆でおしゃべりしたり笑ったり良い交わりの時が与えられ感謝でした。

伝道開始100周年記念伝道礼拝 講師を囲む会

10月22日(日)、伝道開始100周年記念伝道礼拝が行われました。聖書箇所はヨハネによる福音書8章1節から11節。「無条件の赦し」と題するお説教が黒田浩史牧師よりありました。出席者は再来の求道者6名を含む40名でした。

礼拝にひき続き、集会室で講師を囲む会が持たれました。お天気を気にしての限られた時間でしたが、伝道開始100周年を記念して歴史写真集スライドを見て、住吉教会に連なる先達の方々や歴代の教会の建物などについて詳しい説明を伺いました。様々な理由で住吉教会は幾度も教会堂を失ってきましたが、その都度教会に連なる人々が祈り、働き、神さまのお守りの内に必要なものが与えられてきたことを改めて神さまに感謝いたします。

歴史写真集は住吉教会のホームページでも見ることができます。今回ご覧になれなかった方はぜひそちらをチェックしてみてください。

第67回日本キリスト教会大会報告

第67回日本キリスト教会大会は10月17日(火)~19日(木)に柏木教会で開催されました。開会時の出席者は牧師91名、宣教師1名、長老75名、計167名で進められました。住吉教会から正議員として黒田牧師とI長老が出席しました。礼拝献金として129教会で2,912,350円、個人献金254,700円、計3,167,050円献げられました。主な可決事項は次の通りです。

1、議長に冨永憲司(柏木教会牧師)が選出され、書記に芳賀繁浩(豊島北教会牧師)が選出されました。

2、常置委員に井上一雄(名東教会牧師)、上山修平(横浜海岸教会牧師)、浅田忠敬(豊中中央教会長老)、宮庄哲夫(吉田教会長老)、久野真一郎(札幌琴似教会牧師)が選出されました。(得票順)

3、神学校歴史神学部門主任講師に松田真二(蒲田御園教会牧師)を選考し、承認されました。

4、諸報告を受け、それらを承認しました。

5、建議案として、①日本キリスト教会規則第23条4項改正に関する建議案(少数否決)、②「大会事務所・神学校校舎の今後のあり方について検討する委員会」設置の建議案(可決)、その後3委員が選考され、承認されました。○井上一雄、浅田忠敬、三輪地塩(浦和教会牧師)(○:招集者)。

③「タビタの会」規約一部変更に関する建議案(可決)、④大会財務委員会内規の旅費規程を改定する建議案(可決)を審議しました。

6、第1回の「全国青年の集い」が2017年9月16日(土)~9月18日(月)に開催されました。出席者数105名。場所1・2日目国立オリンピック記念青少年総合センター、3日目柏木教会。主題:あなたの立ち帰る場所はどこですか~明日の教会を考える~。参加者は良かったとの感想。

7、教職試験の受験者は、今回はいませんでした。

8、黒田浩史牧師は、引き続き伝道局理事に選ばれました。(任期1年)

私は、1957年(昭和32年)21歳の時、受洗。1959年住吉教会の特別集会で植村環先生の講演があり、記録係でした。柏木教会は植村正久氏の三女の環牧師が実家の土地に1930年自宅で礼拝を開かれ、1937年独立教会になりました。半世紀以上も過ぎて訪れることができ神様のお導きに感謝し、勉強出来ました事をお礼申し上げます。

ご遺族を囲む会報告

今年の召天者記念礼拝は、台風18号の接近で、当日朝にキャンセルされた方が18名(うち教会員7名)あり、合計58名の出席で捧げられました。従って、礼拝後のご遺族を囲む会の出席者もさらに減ってしまい、教会員ではないご遺族の方3名を含む21名で持たれました。久しぶりに出席されたS兄姉ご夫妻も残ってくださいました。交わり委員会で丁寧に準備され組まれていたプログラムを、家路の安全確保のため昼食抜きのものにショートカットされ、まず全員で黙祷後讃美歌285番を歌い、司会者の聖書朗読(ヨハネによる福音書11章25節)後、黒田先生より開会の祈祷をしていただきました。

その後は茶菓をいただきながら、この1年間に召天されたS姉とY姉を偲んで、それぞれK兄とY姉からスピーチがあり、出席者一同お二人の信仰に基づいたこの世での歩みとそれぞれのお人柄に思いを馳せることができました。最後に讃美歌312番を共に棒げ、Iの祈祷で終了しました。その後は、各自の判断で残られる方は残って(と言ってもほとんどの方が残られました)、S長老が引き続き司会の労を取って下さり食事をしながら、久しぶりのS家のMさんとT家のKさん姉妹、そして会員のSご夫妻から、近況や故人の想い出話をお聞きしました。「夢に出てくる故人の姿は健康でいつも笑っている。今日のお説教のように、天国は本当に楽しいところのようですね。」というお話に、ご遺族の方は皆さん頷いておられました。恵まれたひと時に感謝いたします。

最近の日曜学校について

2017年9月2日(土) 夏期学校

1月総会において日曜学校は、「2017年度はさらに日曜学校行事も企画し、レギュラーの生徒を中心に集まる機会を増やしていきたい」と報告しました。

幸い今年の1月から8月までの日曜学校生徒平均出席者数は7.5名となっています。定期的に出席するレギュラー生徒が10名となりました。5年前までは生徒の出席なしでやむなく教師祈祷会に切り替えることが度々ありました。思い切って日曜学校の礼拝を月一度の第一主日とし、集中的に礼拝・その後の交わりの時を実施するようになった結果、最近では大人と合わせると20名前後で礼拝を守ることができるようになりました。

レギュラー生徒が確実に礼拝を守るようになると、交わりの時も充実してきます。生徒の誕生会他簡単な作品作りで季節に応じた内容も取り入れたり、イースターエッグハンティングや5月第1週の日曜学校生徒祝福礼拝、七夕飾りづくりなど、今までにない活動も実施したりしました。半日ですが夏期学校も久しぶりの開催となりました。これから秋に向けて、秋の遠足も楽しみの一つです。クリスマスシーズンになりますと、日曜学校生徒による集会室の飾りつけなども行っています。

「日曜学校が活発になると元気がでてくる」と伝えてくださる教会員の方が多くいます。そうしたご期待に応えるべく、教師一同さらに祈り、求めていきたいと思っています。

兵庫地区長老執事委員研修会

6月25日、午後2時30分から、神戸湊西教会礼拝堂において開催されました。テーマは「伝道」で、司会は田部朋彦先生。開会は全員で讃美歌225番を賛美した後、田部先生がエフェソの信徒への手紙2章14~22節を朗読され、開会祈祷を捧げられました。

研修前半は宝塚売布教会牧師鎌田雅丈先生の「改革教会のながれにいだかれて、いま」との題の講演で、約1時間行われました。伝道にあたって、まず自分たちの改革派の教会とはいったいどういう教派なのか。人に聞かれたときにあなたはどう答えますか?という導入で始まり、日本キリスト教会の歴史や最近池永倫理明先生の訳されたエーバーハルト・ブッシュの「改革派教会」という著書などをもとに、結論として「改革派とは神の言によって改革された教会であるという意味」を語られました、すなわち、御言葉によって改革される御言葉に忠実な教会であるということでした。

研修後半は、約1時間にわたる参加教会代表による「各教会の伝道の取り組みについて」の発表でした。住吉教会を代表して私は、①伝道行事より伝道礼拝、②行事の広報は何よりも会員による「一人が一人を」、③教会ホームページの活用と聖句の掲示、④今年度教会修養会の報告の4点を発表しました。その他、他の教会からは家族礼拝とこども中心の説教、古くからの来会者を大切にすること、食事を共にする集まり、社会テーマについてのフォーラムその他各種集会、来会できない会員の訪問、日曜学校の大きな役割などが報告されました。

閉会の祈りを池永順一先生がされ、全員が主の祈りを捧げて終了しました。

出席者数:教師11名、長老31名、執事・委員36名、合計78名

教会修養会

井上一雄先生(名東教会牧師)

今年の修養会は、6月18日(日)午後、午前、井上一雄先生(名東教会牧師)をお迎えしての伝道礼拝後、27名の参加で開催されました。会堂に集い、H長老の司会で讃美歌225番を全員で歌い、開会祈祷に続き、教勢低下の中での伝道というテーマのもとに、井上先生の「小さな群れよ、恐れるな」と題した40分間の講演を聴きました。その後に会堂と集会室、控え室の3か所に8名ずつのグループに分かれて約1時間協議した後、14時40分に再び会堂に集合し、各班からの協議報告を聞いて、井上先生より講評を頂き、最後に黒田先生から井上先生に教会を代表して謝辞を述べられ、K長老の祈祷をもって終了しました。

井上先生のお話は、1.日本におけるキリスト教伝道の歴史と日キの勢勢(減ってはいるが4-7割は入れ替わり)、2.教勢低迷の主な3つの社会的理由、3.教会の課題として(1)信仰の継承(教会に繋がるきっかけは信仰者の家族の存在か悩み)、(2)信仰の確信(We are a minority, but a great minority)、(3)教会の群れとしての繋がりの大切さ、についてでした。

各班の報告の概要は、下記の通りです。

A班:①それぞれが教会に繫がったきっかけ、②それぞれの毎日の祈り(→すべての兄弟姉妹について祈っていなかった気づき)③群れとしての教会の課題(→より密に交わり、助け合い、祈り合うこと)、④教会と地域との繫がりのアイディア。

B班:①講演の感想(名東教会の交わりと奉仕に習いたい)、②これからの伝道について(新しく来られた方への対応や工夫、自分自身のあり方:信仰深い生活や、隣人のための真剣な祈りと礼拝へのお誘いなど)。

C班:①社会的要因(ネット社会は弊害ばかりではない)、②信仰の継承(孫への期待、難しいと感じてもあきらめないこと)、③伝道について(興味を持っている隣人もあることを覚え、教会員一人一人が希望を持って声かけを)。

最後の井上先生の講評では、求道者に対しては誰もが働きかけるより、賜物を持った人がその人を支えるという思いやりが大切であること、そして、”会員の喜んで礼拝している姿が何よりも伝道になるのです。”と結ばれ、ここまでの聖霊の導きにK長老と共に一同感謝の祈りを捧げました。

墓前礼拝

墓前礼拝

4月23日(日)主日礼拝の後、お天気に恵まれて、例年より30分繰り上げ、午後0時30分に教会を出発、新緑の山なみ、澄みきった青空、うぐいすの声を聞きながら、鵯越墓園において墓前礼拝を持ちました。

N長老の司会により、讃美歌488番を讃美し、聖書ヨハネによる福音書11章17~27節が朗読されました。黒田浩史牧師より「死者の復活」と題して説教をいただきました。主を信じ、今は復活して神様のみ国で憩っておられる忘れ得ぬ先人を偲び、神様への感謝の礼拝が捧げられました。出席されましたご遺族の方々と来年の再会を約束し帰路ににつき、無事3時すぎ、教会に到着しました。恵みとお守りを心から感謝致します。

出席者:男8名、女26名、計34名

2017年度 イースター祝会報告

イースター祝会

4月16日(日)、復活節礼拝の写真撮影後、集会室に移動して会が持たれました。天候にも恵まれた暖かい日で、男性9名、女性30名、子供1名の合計40名の方が参加されました。

N長老の司会と黙祷の後、S執事の奏楽で讃美歌21-575番を歌い、聖書朗読(ルカ24:5-6)と祈祷の後、サンドウィッチとお菓子を頂きながら会が進められました。K姉のフルート演奏(「荒城の月」ほか)を聞きながら、心やすらぐきれいな旋律に聞き入り、自然と皆の合唱が入ります。

その後、黒田牧師から「イースターに思うこと」のお話がありました。礼拝でも命の復活という御言葉がありましたが、植えた球根の中には命があり、昨年から一年経った今年教会の花壇にもチューリップの花が咲いたように、私達の日々の中には信仰の励みと実りとがあります。苦しみやつらいことが見えても、そのめぐみが自身の目からは見えにくいものです。隠れたところにおられる神様は、どんな試練の中でも共にいて下さいます。ふと気がつくとめぐみはあります。北海道の厳しい寒さと比べて神戸は暖かく、春の花々の喜びとイースターの復活の喜びとが共に来るように思えます。まだ草花の咲かない北海道では、これからのことを思いながら人との再会を喜ぶそうで、続いてY兄からもお話されたのですが、少子化が進む中でも日曜学校の他に子羊クラスや土曜子供会などで、近所の子供達などと、ゆで卵のイースターエッグを作られるそうです。

最後に聖歌隊による讃美歌156、146が歌われ、ハレルヤ、という復活の喜びを感じた後、K長老の閉会祈祷によって会が閉じられました。